ひなみ塾

自分でゴールを決めて、仲間とともに楽しく工夫しながらやり抜き、感動を生む人を育てる私塾

MENU

大学に入学してやりたいことが多すぎて葛藤中です。どうすればいいですか。

大学に入学してやりたいことが多すぎて葛藤中です。どうすればいいですか。

大学に通い始めたとき、「サークル仲間とかと高校でできなかったことみたいなのをやってみたい!!」という気持ちと、「たくさん本を読んだり、調べたりして教養を深めたい!!」という葛藤に悩んでいます。バランスよくできる自信はないです。

アドバイスをください。

相談者: 政光(高校3年)

目の前のことに全力で取り組めばよいのではないでしょうか。

無意識のうちに、人は常にバランスを自分で取っているのではないでしょうか。「高校でできなかったことばかりやっている、大学生の自分」は、「受験勉強が忙しすぎた高校時代の自分」とのバランスを取っているのだと思います。


ところが、そんなことばかりやっていると、いつしか「本も読んでおかないと」と感じるようになり、読書量が増えたりするものです。これもまた、バランスを取っているというわけです。


ですから、先のことを考えすぎることなく、目の前のことに全力で取り組めばよいのではないかと思います。むしろ、「バランスを取ろう」と考えすぎた結果、頭でっかちになって身動きを取れなくなったり、あれもこれもやろうとして全て中途半端に終わってしまったりすることの方が、残念なことではないでしょうか。

塾長のプロフィール

ひなみ塾塾長

黒川裕一(くろかわ ゆういち)

1972年生まれ。熊本市出身。

東京大学法学部卒業後、22歳で渡米。インディ系の映画製作に携わりつつ、1997年にコミュニケーション学修士号を取得(映画専攻)。

2003年、世界最大の脚本コンテストであるサンダンス・NHK国際映像作家賞の最優秀作品賞候補にノミネート。アメリカ長期滞在の経験を生かし、語学関連の書籍も多数執筆。(2020年現在22冊)

同時に故郷熊本でも、「自ら気づき、 仲間と学び、社会で動く」ことのできる人財の育成とつながりを目的として活動開始。2004年12月に総合コミュニケーションスクール「ことばの学校」を開校。