ひなみ塾

自分でゴールを決めて、仲間とともに楽しく工夫しながらやり抜き、感動を生む人を育てる私塾

MENU

家庭学習のやり方が分かりません。 どうすればいいですか。

家庭学習のやり方が分かりません。 どうすればいいですか。
相談者: 無記名の相談者(中学生)

さっさと始めて、ブレーキを踏まずに走り続けましょう。

勉強で一番難しいことの一つは、勉強を始めることです。「勉強するまではなかなかやる気が出なかったのに、いったんし始めてしまえば大した苦痛でもなかった」というのは、誰もが経験することです。


これは、止まっている車が走り出すときのことを考えれば、すぐに理解できます。止まっている重いものを動き出させるのには、とても大きな力が要ります。しかし、いったん動き出してしまえば、ブレーキを踏まない限り、最小限の力でスルスルと走り続けるものです。


勉強も全く同じです。(1)さっさと始めること。(2)ブレーキを踏まないこと。これだけです。


よって、まずは「勉強を開始する時間」を決めてください。毎日同じ時刻にできれば最も良いですが、学校の時間割や部活動のスケジュールなどでそれが難しければ、曜日ごとに決めても構いません。たとえば、「月曜日は午後6時30分までに夕食を済ませ、7時に勉強を始める」と決めるのです。


そして、その時間になったら、とにかく必ず机に向かってください。例外を一切認めないのがコツです。


ここでひとつ、重要なポイントがあります。それは、「常に、机についたらすぐに勉強を始められるようにしておく」ということです。具体的には、その日勉強する予定のものを、勉強する順番に、前もって全て並べたり重ねたりしておくのです。あわせて、必要な筆記具、ノート、辞書なども全て整理し、椅子に座ったまま手の届くところに配置しておきます。


なぜこれが重要なポイントかというと、こうしておけば、机についてから「何をしようか」と考えたり、勉強に必要なものを探したりする必要が一切なくなり、ロケットスタートを切ることができるからです。


人間は、勉強であれ何であれ、活動を始めれば15分ほどで「作業興奮」が起こり、ブレーキさえ踏まなければ、この興奮は次第に高まっていきます。「調子がでてくる」とはそういうことです。勉強版の「ランナーズ・ハイ」です。これを毎日実現すればよいのです。


だからこそ、上記の「勉強前の準備」の徹底が重要になります。なぜなら、ロケットスタートを可能にするのみならず、ブレーキ要因を予め排除することになるからです。「せっかく一所懸命勉強していたのに、お腹がすいたのでちょっと休憩してお菓子を食べたら、やる気が急にしぼんでしまった」「いい感じで一科目終わったので次に何をしようかと考えていたら、そのうちやる気がなくなって、結局やめてしまった」などの経験は、誰にでもあると思います。踏まなくてもよいブレーキを踏んでしまった結果、「作業興奮」がおさまってしまったわけです。


これらの準備のタイミングは、帰宅直後をお勧めします。着替えたり、学校から持ち帰った荷物を出したりする必要がどの道あるので、勉強の準備もここで一気に終わらせてしまうのが合理的ですし、習慣にもしやすいからです。

塾長のプロフィール

ひなみ塾塾長

黒川裕一(くろかわ ゆういち)

1972年生まれ。熊本市出身。

東京大学法学部卒業後、22歳で渡米。インディ系の映画製作に携わりつつ、1997年にコミュニケーション学修士号を取得(映画専攻)。

2003年、世界最大の脚本コンテストであるサンダンス・NHK国際映像作家賞の最優秀作品賞候補にノミネート。アメリカ長期滞在の経験を生かし、語学関連の書籍も多数執筆。(2020年現在22冊)

同時に故郷熊本でも、「自ら気づき、 仲間と学び、社会で動く」ことのできる人財の育成とつながりを目的として活動開始。2004年12月に総合コミュニケーションスクール「ことばの学校」を開校。