ひなみ塾

自分でゴールを決めて、仲間とともに楽しく工夫しながらやり抜き、感動を生む人を育てる私塾

MENU

問題を解くときに、よく「凡ミス」をしてしまいます。これをなくすにはどうしたらいいですか。

問題を解くときに、よく「凡ミス」をしてしまいます。これをなくすにはどうしたらいいですか。
相談者: 無記名の相談者(中学生)

『凡ミス』や『ケアレスミス』は存在しません。

ボクは、「『凡ミス』や『ケアレスミス』は存在しない」と常に言っています。どんなに焦っていたとしても、「1+1」を間違えますか?間違えないはずです。なぜですか?完璧に身についているからです。このレベルで身についているものだけが、真の実力です。「うっかり」や「不注意」などは存在しません。


「凡ミス」という表現は、心理学的に言えば、誰もが無意識にやってしまう自己防衛です。思わしくない結果に直面したときに、「これが自分の真の実力だ」と認めるのは、辛いですよね。それより、「(本当はできるんだけど)ミスしちゃった」ということにした方が、楽だし、プライドを守ることもできます。だから、つい、そうしてしまうのです。人間はそれほど心弱き生き物なのです。


ですから、「ミス」という言葉を使ってしまうことがそれほど「悪い」ことだとは、ボクは思いません。しかし、そんなふうに自分を守ろうとすることは、成長を促してはくれません、だから、「成長したければ、自分の辞書から『凡ミス』や『ケアレスミス』という言葉を消してください」と常にお願いしています。

塾長のプロフィール

ひなみ塾塾長

黒川裕一(くろかわ ゆういち)

1972年生まれ。熊本市出身。

東京大学法学部卒業後、22歳で渡米。インディ系の映画製作に携わりつつ、1997年にコミュニケーション学修士号を取得(映画専攻)。

2003年、世界最大の脚本コンテストであるサンダンス・NHK国際映像作家賞の最優秀作品賞候補にノミネート。アメリカ長期滞在の経験を生かし、語学関連の書籍も多数執筆。(2020年現在22冊)

同時に故郷熊本でも、「自ら気づき、 仲間と学び、社会で動く」ことのできる人財の育成とつながりを目的として活動開始。2004年12月に総合コミュニケーションスクール「ことばの学校」を開校。