ひなみ塾

自分でゴールを決めて、仲間とともに楽しく工夫しながらやり抜き、感動を生む人を育てる私塾

MENU

いつ頃までに将来の具体的な進路を決めればいいですか。

いつ頃までに将来の具体的な進路を決めればいいですか。
相談者: 無記名の相談者(中学生)

「いつまで」ということはありませんし、焦る必要もありません。

「いつまで」ということはありませんし、焦る必要もありませんが、できるだけ早いうちに決めた方が、スタートを早く切れるという意味では有利ですよね。


人は成長とともに変化する生き物です。将来の自分が何を好み、何を生きがいとするかは、その時にならないと分かりません。小さい頃に好きだったおもちゃを思い出してください。今のあなたにとって、それは一番大切な物でしょうか。おそらく違うはずです。わずか数年のうちに、あなたはそれほど変化しているということです。


だからこそ、将来のことをあまり難しく考えずに、「とりあえず選び、それに沿って行動する」ことをお勧めします。このひなみ塾も、元々は大人向けの講座から始まり、中高生のクラスが増え、小学校高学年クラスが増え、小学校低学年クラスが増えて、今の形になりました。行動すると、こんなふうに「次」が見えてきて、だんだん形になっていきます。じっとしていても、なかなかこうはなりません。


なお、「最初の一歩」を選択するときに、「好きなもの」を選ぼうとすると、ハードルが高くなりがちです。まして「一番好きなもの」を選ぼうとすると、「あれでもない」「これでもない」となって結局決められなくなるものです。それよりも、「嫌じゃないもの」をとりあえず選び、ともかく動き出してみてはいかがでしょうか。

塾長のプロフィール

ひなみ塾塾長

黒川裕一(くろかわ ゆういち)

1972年生まれ。熊本市出身。

東京大学法学部卒業後、22歳で渡米。インディ系の映画製作に携わりつつ、1997年にコミュニケーション学修士号を取得(映画専攻)。

2003年、世界最大の脚本コンテストであるサンダンス・NHK国際映像作家賞の最優秀作品賞候補にノミネート。アメリカ長期滞在の経験を生かし、語学関連の書籍も多数執筆。(2020年現在22冊)

同時に故郷熊本でも、「自ら気づき、 仲間と学び、社会で動く」ことのできる人財の育成とつながりを目的として活動開始。2004年12月に総合コミュニケーションスクール「ことばの学校」を開校。