ひなみ塾

自分でゴールを決めて、仲間とともに楽しく工夫しながらやり抜き、感動を生む人を育てる私塾

MENU

中学に入ると勉強が大変になると聞いたのですが、どうしたらいいですか。

中学に入ると勉強が大変になると聞いたのですが、どうしたらいいですか。
相談者: 無記名の相談者(小学生)

小学校の頃と比べてそんなに大きく変わるわけではありません。

中学進学後も、小学校の頃と比べてそんなに大きく変わるわけではありません。たとえば、「算数」が「数学」になって、いかにも難しそうに感じますが、中学校の「数学」の半分以上は小学校の「算数」の延長に過ぎません。つまり、少し難しくなって、少し量が増えるだけのことです。


だから、小学校の頃に勉強の習慣が身についているのであれば、それを継続すれば十分です。中学に上がったからと言って、突然何かを始めたり、今までの勉強法を大きく変えたりする必要はありません。


ひなみ塾では、勉強について「完了と再現」という言葉を使います。「再現」とは「自分一人ですらすらと繰り返す」こと。ここまでできるようになって初めて勉強は「完了」です。「何時間机に向かうか」ではなく、「学んだことを再現できるか」をもって、「完了か否か」の判断を下すべきということです。


「勉強は、『完了と再現』の習慣づけのためにある」というのが、ひなみ塾の考え方です。なぜなら、これがしっかりと身についていれば、大人になってからも仕事を通して実績と成長を着実に積み上げていくことが必ずできるからです。

塾長のプロフィール

ひなみ塾塾長

黒川裕一(くろかわ ゆういち)

1972年生まれ。熊本市出身。

東京大学法学部卒業後、22歳で渡米。インディ系の映画製作に携わりつつ、1997年にコミュニケーション学修士号を取得(映画専攻)。

2003年、世界最大の脚本コンテストであるサンダンス・NHK国際映像作家賞の最優秀作品賞候補にノミネート。アメリカ長期滞在の経験を生かし、語学関連の書籍も多数執筆。(2020年現在22冊)

同時に故郷熊本でも、「自ら気づき、 仲間と学び、社会で動く」ことのできる人財の育成とつながりを目的として活動開始。2004年12月に総合コミュニケーションスクール「ことばの学校」を開校。