ひなみ塾

自分でゴールを決めて、仲間とともに楽しく工夫しながらやり抜き、感動を生む人を育てる私塾

MENU

授業中に集中力を切らさない方法はありますか。

授業中に集中力を切らさない方法はありますか。
相談者: 無記名の相談者(中学生)

「勉強になることを一つでも探す」と決めて授業を受けましょう。

中学校の標準的な授業時間(50分)で生徒の集中力が切れるのであれば、まずは学校側が努力すべきだと思います。すなわち、生徒が集中力を切らさないような「面白くてためになるカリキュラム」を組み、教師がそれを教室で「形」にするべきだいうことです。


その上で、考えていただきたいのは、「尊敬」とは何かということです。


ボクは、「その人から学ぼうとする」ことだと考えています。


「人生我以外皆我が師也」という言葉があります。どんな人からも、どんなものからも、どんな出来事からも、人は学ぶことができます。学ぼうとする限りにおいて、それらすべての人、もの、ことを尊敬、尊重しているのです。


だから、学ぶ側として、あなたの方から学校の先生方を「尊敬」してみてください。何か一つでも学ぼうとしてみてください。もし万一授業があまりにも下手で、人としても全く尊敬できないように見える人がいたとしても、反面教師として学ぶことはいくらでも見つかるはずです。「学ぶ」と決めれば、必ず学べるのです。


学校卒業までの長い年月で、理想的な先生方ばかりに出会うことは、まずありません。色々な人に出会って当然です。これは自分の力ではどうにもなりません。だから、自分にできることをしましょう。「勉強になることを一つでも探す」と決めて授業を受けましょう。そうすれば、自然に集中力は切れにくくなります。

塾長のプロフィール

ひなみ塾塾長

黒川裕一(くろかわ ゆういち)

1972年生まれ。熊本市出身。

東京大学法学部卒業後、22歳で渡米。インディ系の映画製作に携わりつつ、1997年にコミュニケーション学修士号を取得(映画専攻)。

2003年、世界最大の脚本コンテストであるサンダンス・NHK国際映像作家賞の最優秀作品賞候補にノミネート。アメリカ長期滞在の経験を生かし、語学関連の書籍も多数執筆。(2020年現在22冊)

同時に故郷熊本でも、「自ら気づき、 仲間と学び、社会で動く」ことのできる人財の育成とつながりを目的として活動開始。2004年12月に総合コミュニケーションスクール「ことばの学校」を開校。