ひなみ塾

自分でゴールを決めて、仲間とともに楽しく工夫しながらやり抜き、感動を生む人を育てる私塾

MENU

謙遜(けんそん)ってしたほうが、いいのですか?

謙遜(けんそん)ってしたほうが、いいのですか?
相談者: 前田直輝

謙虚な態度は他者に対する敬意から自然に湧き出てくるものではないでしょうか。

「謙遜」を辞書で引くと「へりくだること。
控え目なつつましい態度でふるまうこと」とあります。


ボク自身は、「謙遜」は「するもの」ではなく、「考えるまでもなく、そうなってしまうもの」だと思っています。


「こんなときは控えめな態度にしておいた方がいい」と頭で考えて謙遜しているうちは、心のどこかが傲慢なんじゃないでしょうか。
「控えめにしておかないとまずい自分」がそこに居るわけですから。


 

対照的に、たとえば、自分よりもずっと年上の大先輩が自分の方から「ごめんね」と謝ってこられた場合、こちらはほとんど反射的に恐縮して「こちらこそ申し訳ありません」と日頃よりもずっと丁寧に謝ってしまったりするものです。
この先輩の寛大な行動によって、こちらの謙虚さが自然に引っ張り出されたということです。


 

このように、謙虚な態度は他者に対する敬意から自然に湧き出てくるものではないでしょうか。
だからこそ、尊敬できる人たちの末席に自分も身を置かせてもらうようにすれば、気づかぬうちに謙虚さは形成されていくと思います。
ことさらに意識して謙遜しようとするよりもこちらの方がより前向きな気がするのですが、いかがでしょうか。

塾長のプロフィール

ひなみ塾塾長

黒川裕一(くろかわ ゆういち)

1972年生まれ。熊本市出身。

東京大学法学部卒業後、22歳で渡米。インディ系の映画製作に携わりつつ、1997年にコミュニケーション学修士号を取得(映画専攻)。

2003年、世界最大の脚本コンテストであるサンダンス・NHK国際映像作家賞の最優秀作品賞候補にノミネート。アメリカ長期滞在の経験を生かし、語学関連の書籍も多数執筆。(2022現在21冊)

2001 年秋、「故郷熊本をもっと元気に」 との願いを込め、 「自ら気づき、 仲間と学び、 社会で動く」 ことのできる人財の育成を目的に活動開始。

2002年には同活動の受け皿として「NPO法人ツムリ30」を設立。英語と映画を教材にした学びの実験室である「電影えいご室」(参加者のべ4000人)などを経て、2004年12月に総合コミュニケーションスクール「ことばの学校」を開校。

限定の講座に、関東、関西地方からの遠距離受講者も多数

。2006年には、「学ぶたのしさ、のびるよろこび、仲間との絆の深まり」を理念とした、「六秒塾」(現「ひなみ塾」)を開講、現在、小学校に入る前から一生学べる全17クラス、280名の塾生を抱え、全てのクラスを自ら教えている。