ひなみ塾

自分でゴールを決めて、仲間とともに楽しく工夫しながらやり抜き、感動を生む人を育てる私塾

MENU

新型コロナウイルスにばかり注目がいき、その他の子供の事故や自殺等が軽視されているのが気になります。

新型コロナウイルスにばかり注目がいき、その他の子供の事故や自殺等が軽視されているのが気になります。
相談者: 無記名の相談者(中学生保護者)

同感です。

同感です。


新型コロナウイルスを軽視してよいとは言いません。しかし、ある小児科医の言葉を借りれば、このウイルスは「子供にとってはたちの悪いものでもない」そうです。子供の重症化率が高くないのが最も大きな理由で、この医師によれば、「万一子供が感染した場合にコロナよりもはるかに危険なウイルスは数多くある」とのことです。


また、日本国内に限ればこのウイルスによる子供の死亡は確認されておりません。(2020年9月時点)


一方、14歳以下の子供の死因を見ると、「不慮の事故」が292人。更に、10~14歳の年齢層では71人が自殺しています。(2016年データ)


これらを踏まえると、子供の事故や自殺は、新型コロナウイルス以上に対策が望まれる重大な課題であると言えそうですし、コロナはこれらの問題への取り組みを先延ばしにする口実にはならないと考えます。

塾長のプロフィール

ひなみ塾塾長

黒川裕一(くろかわ ゆういち)

1972年生まれ。熊本市出身。

東京大学法学部卒業後、22歳で渡米。インディ系の映画製作に携わりつつ、1997年にコミュニケーション学修士号を取得(映画専攻)。

2003年、世界最大の脚本コンテストであるサンダンス・NHK国際映像作家賞の最優秀作品賞候補にノミネート。アメリカ長期滞在の経験を生かし、語学関連の書籍も多数執筆。(2020年現在22冊)

同時に故郷熊本でも、「自ら気づき、 仲間と学び、社会で動く」ことのできる人財の育成とつながりを目的として活動開始。2004年12月に総合コミュニケーションスクール「ことばの学校」を開校。